本社・FNN合同世論調査

内閣支持率、微減の46・3% 政党支持率は自民36・7%、「民進党」は12・8% 「民進党に期待しない」68・6%

 集団的自衛権の行使を限定的に容認した安全保障関連法については「必要」(57・4%)が「必要だと思わない」(35・1%)を上回った。憲法改正については「賛成」が41・3%、「反対」が47・3%だった。

 来年4月に予定されている消費税率の10%への引き上げについては、「引き上げるべきでない」が37・8%に上り、「時期を遅らせるべき」(43・5%)と合わせ、8割超が来春の増税に反対した。予定通りの引き上げを求めたのは17・8%だった。

 消費税率の引き上げ凍結を争点に衆院解散・総選挙を実施することについては、「よい」(50・2%)と「よいと思わない」(45・2%)が拮抗した。

 待機児童問題が改めてクローズアップされた「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログに共感を示した人は52・1%に上った。