花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈557〉

ショーンKのデタラメ経歴…こんな男にコメントさせていたテレビ局の「身体検査」を問う

 『文春』の厳しい追及に、本人も全面降伏し、すべての番組から降板。それにしてもフジテレビ、番組スタート前でほっとしたろう。

 もう一度言う。テレビ局に「身体検査」はないのか。こんな男にしたり顔でコメントさせていたテレビ局。無責任極まる。

 で、ライバルの『週刊新潮』(3月24日号)も奮起して「秘書にセクハラ!堂々と二股!『石崎徹代議士』の不道徳な日常」。

 「安倍チルドレン」の一人だそうだが、二股どころじゃない発展ぶりで、〈政治家というよりは、性事家と呼ぶに相応しい〉。

 それなりのスクープだが、『新潮』、今週はタイミングが悪かった。(『WiLL』編集長)