速報

速報

国内感染者が過去最多 新型コロナ「第6波」

ひなちゃんパパの家族レシピ

簡単イカ飯

簡単イカ飯
簡単イカ飯

北海道新幹線の開業が今月26日に迫りました。北海道から九州まで、新幹線で行き来ができると思うとワクワクします。青函トンネルも通ってみたいな。函館の名物といえばイカ。そうだ、駅弁で人気の「イカ飯」を作ってみよう。江上料理学院副院長の江上佳奈美先生に作り方を聞きました。

「生のイカにもち米を入れて、しょうゆベースの甘辛い汁でじっくりと炊き上げるの。中でお米が膨らむから、詰めるときは3分の1くらいのスペースを空けるのがコツよ」

何だかハードルが高そう…。僕のテンションが下がった様子を見て江上先生が「ご飯を使った簡単な作り方を教えるわ」。するとひなちゃんも、「お手伝いしますぅ~」と応援してくれました。

まず、イカは胴から足を引き抜き、足をさっと煮て細かく切りました。これをご飯に混ぜます。

「生米と違ってパンパンになるくらい詰めるのがコツよ。足の分量は胴の大きさに合わせて加減してね」という江上先生のアドバイスを聞いて、ひなちゃんが何やらブツブツ言いながら詰めてくれました。「パパのおなかはこれくらいかなぁ?」

中のご飯が飛び出さないように、ようじで留めて準備はOK。生米の場合は芯が残らないように40分ほどじっくりと煮る必要がありますが、今回はイカがおいしそうに煮えればいいので10分ほどで完了しました。

「やわらか~い!」。3人の声がそろいました。長時間煮なくていいからイカも硬くならないんだね。