埼玉県警 平成28年春季人事異動 熊谷事件受け組織新設

 県警は18日、熊谷市の6人殺害事件を受けた「捜査支援・通訳センター」新設などを特徴とした春の第2次人事異動を内示した。今季の異動者数は過去最大の2625人で、25日付で発令される。

 同センターは刑事総務課の捜査支援センターに国際捜査課の通訳翻訳係を統合し、24時間体制で対応。生活安全企画課には犯罪情報発信などを統括する調査官(警視)が置かれる。

 東京オリンピック・パラリンピック警備対策のための警備対策室も新設。国際テロ対策の強化のため、外事課国際テロリズム対策室などを増強する。

会員限定記事会員サービス詳細