ノロウイルス院内感染で2歳男児死亡 都立病院

 東京都は18日、都立小児総合医療センター(府中市)でノロウイルスの院内感染があり、入院中の男児(2)が死亡したと発表した。男児は心肺に重篤な疾患を抱えており、ノロウイルス感染後に症状が悪化した。都で死因の特定を急いでいる。

 都によると、院内感染は13日以降に発生。同じ病棟に入院する生後2カ月から10歳の男女10人が、下痢や嘔吐などの症状を次々に訴えた。看護師か医療機器に付着したウイルスが広がった可能性が高いという。

 死亡した男児はウイルスに感染し、16日午前に下痢などの症状を発症。17日午前に心肺機能が低下したため、集中治療室で処置を施したが、午後4時半ごろに死亡した。家族の同意を経て病理解剖を実施し、院内感染との因果関係を調べる。ほかの9人は快方に向かっており、センターで再発防止を徹底する。

会員限定記事会員サービス詳細