山口組分裂トラブルか 双方組事務所にトラック突っ込む 門真・守口

 大阪府内で16日未明から早朝にかけ、指定暴力団山口組系と神戸山口組系の暴力団事務所に相次いでトラックが突っ込んだ。いずれもけが人はなく、大阪府警は山口組分裂を背景にしたトラブルとみて建造物損壊容疑で捜査している。

 同日午前3時15分ごろ、門真市上島町の山口組弘道会系の事務所にトラックが突っ込んだと、通行中の男性から110番があった。事務所内には組員1人がいたが、けがはなかった。門真署によると、事務所は3階建てで、トラックは後退しながら1階の木製の引き戸にぶつかった。運転していた男ら数人は、別のワゴン車に乗り換えて逃走したという。

 また、3時間後の午前6時25分ごろには、守口市東光町の神戸山口組山健組系の事務所に、トラックが突っ込んでいるのが見つかった。守口署によると、トラックは3階建て事務所の1階玄関脇に後ろからぶつかった状態で放置されており、壁に約1.5メートル四方の穴が開いていた。当時、事務所は無人だった。