鉄道ファン必見・写真集

さよなら特急しなの サントリーカーブに最後の姿を見た ひだ、スーパーはくと・・・聖地走る列車の数々

 午前8時過ぎ。にわかに空が曇り、粉雪が舞い始めたところへ大阪発岐阜・高山行きの特急「ワイドビューひだ」=(6)=が通りかかった。この列車もいつまで大阪発が続くか、心許ない。そう思いながら撮影したカットには、降りしきる雪がヘッドライトに浮かび上がっていた。

 そのほかにも上りサンダーバードと下りのはるかがすれ違ったり=(7)=、向日町車両基地(京都府)から始発の新大阪駅を目指すはまかぜ=(8)=が走り去ったりと、朝は特急銀座の状態だ。

 それにしても望遠レンズで圧縮したレールの曲線が、これほど美しい場所も少ない。やがて雪が止み、カーブにそって柔らかい曲線を描きながら「しなの」=(1)=が近づいてきた。他の列車と変わらないはずなのに、緊張する一瞬。周りでたくさんのシャッター音が響き続けていた。

 サントリーカーブに近いJR山崎駅を超えた京都側にも美しいカーブがある。アサヒビールが運営する大山崎山荘美術館にほど近いので、「アサヒカーブ」と勝手に命名している。