防衛最前線(61)

新鋭潜水艦「じんりゅう」が就役 AIP搭載の「機密の塊」は何処で「国家防衛の任務」を果たすのか?

【防衛最前線(61)】新鋭潜水艦「じんりゅう」が就役 AIP搭載の「機密の塊」は何処で「国家防衛の任務」を果たすのか?
【防衛最前線(61)】新鋭潜水艦「じんりゅう」が就役 AIP搭載の「機密の塊」は何処で「国家防衛の任務」を果たすのか?
その他の写真を見る (1/7枚)

 海上自衛隊の潜水艦「じんりゅう」の引渡式が7日、兵庫県神戸市の三菱重工神戸造船所で開かれた。建造を担当した三菱重工のスリーダイヤの社旗が下ろされると、代わりに自衛艦旗が国歌演奏に合わせて艦尾に掲げられた。じんりゅうのキャリアが、正式にスタートした瞬間だった。

 「広い海のどこかで人知れず、深く、静かに潜行している間も、われわれは皆さまのことを忘れることはありません。潜水艦『じんりゅう』はただ今から出港し、国家防衛の任務に就く!」

 初代艦長に起用された梅原淳2等海佐は声高に宣言し、乗組員とともに乗艦。音楽隊の演奏に見送られながら、配備先の呉基地(広島県)へと向かった。式典では海自の歌姫として知られる三宅由佳莉3等海曹が儀礼曲「海のさきもり」を披露し、乗組員らを鼓舞する場面もあった。

 じんりゅうは日本政府が豪海軍への売り込みを図る海自の最新鋭「そうりゅう」型潜水艦の7番艦だ。長時間の潜行を可能とする大気非依存型推進(AIP)システムを搭載するのが最大の特徴で、水中運動性能が高い「X型」かじも備える。

 他のそうりゅう型潜水艦と同様、全長84メートル、乗員数65人、排水量2950トン、速力20ノットで、原子力を使わない通常動力型では世界最大級。建造費は約545億円で、艦名は「仁愛の徳を持つ龍」に由来する。

会員限定記事会員サービス詳細