北朝鮮核実験

菅官房長官「断じて許せない」 金正恩第1書記の核実験早期実施発言を批判

 菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で、北朝鮮の金(キム)正恩(ジョンウン)第1書記が、核弾頭の爆発実験と弾道ミサイルの発射実験の早期実施に言及したと朝鮮中央通信などが伝えたことに関し、「核ミサイル開発を放棄する姿勢を示さず、挑発的な言動をとることは断じて許すことはできない」と批判した。 実験時期や核弾頭の小型化など北朝鮮の動向について、菅氏は「常日頃からしっかり情報収集・分析を行っている」とした上で「事柄からして、具体的な情報の内容、分析については差し控えたい」と具体的な言及を避けた。

 今後の日本政府の対応については「国民の命と平和な暮らしを守るために米国、韓国などと連携し、万全の警戒体制を敷いている」と強調した。