衝撃事件の核心

「裸の女性にベッドに押し倒された」舞鶴事件無罪・中被告のトンデモ供述 司法一蹴、長期刑で断罪

 「無言のまま相手が突然服を脱ぎ、裸になった」「ベッドに押し倒された」-。襲われたからやむを得ず反撃した、と正当防衛を主張したのは、か弱き女性ではない。平成20年5月に京都府舞鶴市で起きた女子高生殺害事件で逮捕、起訴され、後に無罪が確定した中勝美被告(67)だ。雇用主だった女性に対する殺人未遂や強制わいせつ致傷などの罪に問われ、2~3月に大阪地裁で開かれた裁判員裁判で声高に無罪を訴えた。ナイフでめった刺しにされたという被害女性の証言とは180度食い違う内容だったが、判決は「不自然かつ不合理」と一蹴して有罪を認定し、懲役16年(求刑懲役25年)を言い渡した。いくら聞いても「?」しか浮かばなかった法廷での珍妙な言い分を振り返る。

「お前が好きや、服を脱げ」

 平成26年11月5日午前8時ごろ、大阪市北区兎我野町。大阪・キタの繁華街の中でもラブホテルや風俗店が集中する猥雑(わいざつ)な地区だ。とある雑居ビルの前に中被告の姿があった。

 ビルの2階はホテルの客室になっている。従業員として、中被告が数日前まで働いていた場所だ。雇用主だった女性(39)はその一室に泊まっていた。

 ここから後の場面は、検察、弁護側双方の主張が対立している。まずは判決で「信用できる」と認定された被害女性の証言ベースで事件の顛末(てんまつ)を見ていく。

 女性は廊下の足音で目を覚ました。顔見知りのスタッフかと思い、部屋のドアをわずかに開けた。その瞬間、強い力でドアが押し開けられ、男が侵入してきた。中被告だった。

 「金庫を開けろ。俺の名前と住所を書いたものを出せ」

 マスクに帽子、軍手をはめた右手には果物ナイフが握られていた。

 「どうしたの?」

 「うるさい! ごちゃごちゃ言うな、静かにしろ。はよせえ!」

会員限定記事会員サービス詳細