【スポーツ異聞】韓国女子ゴルフ選手が遺恨の場外乱闘 欠場の原因は優勝した選手の父が落としたキャリーバッグ 事故か故意かで泥仕合(3/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

スポーツ異聞

韓国女子ゴルフ選手が遺恨の場外乱闘 欠場の原因は優勝した選手の父が落としたキャリーバッグ 事故か故意かで泥仕合

 チョン・インジの父親はインタビューで「娘の将来のために我慢する」と語ったと朝鮮日報。さらに、チョン・インジはファンサイトに「私も両親も、あちらの方々が主張するような謝罪の意を伝えられていない」と強調。そして「あちら(ジャン・ハナ)側で釈明しただけでも気持ちが晴れた。悪かったと思っているから、そう言ったのだろう。私はもうさっさと切り替えたので大丈夫」と心境を書き込んだという。

 米女子ツアーには約40人の韓国勢が参戦。ジャン・ハナは今回の優勝で世界ランキングも5位、韓国勢で6番手から2番手に浮上した。112年ぶりにリオデジャネイロ五輪で競技種目に復活したゴルフの出場権を得るには、今年7月11日付の世界ランキングを基にしたランキングで選出される。ランク15位以内の選手は1カ国4選手が選出される。

 韓国の場合は15位以内に7選手がひしめく激戦。チョン・インジは同8位で韓国勢5番手。朝鮮日報は「両選手が五輪出場をめぐって競い合っていることもあり、ファンの間では感情的な対立につながっている」と、ファンの間にも遺恨が広がっていると伝える。