【スポーツ異聞】韓国女子ゴルフ選手が遺恨の場外乱闘 欠場の原因は優勝した選手の父が落としたキャリーバッグ 事故か故意かで泥仕合(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

スポーツ異聞

韓国女子ゴルフ選手が遺恨の場外乱闘 欠場の原因は優勝した選手の父が落としたキャリーバッグ 事故か故意かで泥仕合

【スポーツ異聞】韓国女子ゴルフ選手が遺恨の場外乱闘 欠場の原因は優勝した選手の父が落としたキャリーバッグ 事故か故意かで泥仕合
【スポーツ異聞】韓国女子ゴルフ選手が遺恨の場外乱闘 欠場の原因は優勝した選手の父が落としたキャリーバッグ 事故か故意かで泥仕合
その他の写真を見る (1/2枚)

 米女子ゴルフツアーで活躍する韓国有力女子選手2人による「遺恨劇」が勃発した。韓国メディアが一斉に報じている。ある事故を原因に謝罪した、しないと水掛け論を演じて家族を巻き込んで対立。皮肉にも当事者の1人が欠場する中、もう1人は優勝し事態は複雑化した。米ツアーで熾烈な争いを繰り広げており、さながら場外乱闘の様相だ。

 問題の事案は、3月3日から4日間、シンガポールで開催されたHSBC女子チャンピオンズに絡んで起きた。

 3月7日付の中央日報などによると、大会出場のため3月1日にシンガポール空港に到着した韓国のチョン・インジ(23)がエスカレーターで、後ろの人が落としたキャリーバッグにぶつかって後ろに転倒し、腰を強打したという。病院で精密診断を受けたところ、尾骨の脊椎部位の筋肉が微細に破れていたことが分かり、医師から1週間程度の安静が必要と診断された。このため大会を欠場せざるを得なくなった。

 ところが、このキャリーバッグの持ち主が韓国のジャン・ハナ(21)の父親だったことが判明したことで事態がややこしくなった。ジャン・ハナのマネジメント会社は「ジャン・ハナが空港の下りエスカレーターに乗っていた最中に靴ひもを結び、父親がこれを見ようとよそ見をした間にキャリーバッグが滑り落ちた」と釈明した。バッグの重さは約7キロだったという。