「社会の暗黒面」呼ばわり 中国、同性愛ドラマ放送禁止にファン・権利団体から批判殺到

 中国当局が同性愛や不倫、未成年の恋愛などをテーマにした番組の放送を、全面的に禁止した。「低俗、反道徳的で不健康。社会の暗黒面を誇張している」が理由だ。今年2月には、インターネットで配信されていた男子高校生の同性愛を描いた連続ドラマを突然削除する強硬手段を取ったため、中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」には当局批判の声があふれている。また、性的少数者(LGBT)の権利団体関係者らは「時代錯誤も甚だしい」と憤っている。(SANKEI EXPRESS

ネット配信打ち切り

 中国の検閲当局が、ネット配信番組に牙をむいたのは、2月22日のことだ。1月29日に配信が始まった連続ドラマ「アディクト(中毒)」12話分が全て削除されたのだ。当然、残り3話の配信もなく、他の動画サイトでも閲覧できなくなった。