難読地名を行く-茨城編

曲がりくねった旧道が由来? 阿見町廻戸(はさまど)

 しかし、同書には、その昔、「波佐間戸(はさまど)」と書いていたという記述もあった。「はさまど」という音が先にあり、その当て字なのだろうか。

 「角川日本地名大辞典」(角川書店)には、「海に挟まれた土地に由来する」と書かれていた。

 総合すると、古く霞ケ浦が海だった時代、海に挟まれていた当地が、「はさまど」と呼ばれるようになった。一時は波佐間戸などと書かれていたが、ぐるぐると曲がりくねった旧道から、廻戸という字が当てられるようになったのではないだろうか。

(水戸支局 桐原正道)