【大リーグ通信】マーリンズにイチロー信奉者が現れた! オズナ外野手22歳 あの特設コンテナのトレーニングルームに日参し…(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

大リーグ通信

マーリンズにイチロー信奉者が現れた! オズナ外野手22歳 あの特設コンテナのトレーニングルームに日参し…

キャンプインするマーリンズ・イチロー=23日、フロリダ州ジュピター(リョウ薮下撮影)
キャンプインするマーリンズ・イチロー=23日、フロリダ州ジュピター(リョウ薮下撮影)

 レコード・シーズンへ向けて、42歳という年齢を全く感じさせないマーリンズのイチロー。2001年に大リーグに来てから、ルーティン・ワークとして続けている独特のトレーニングを取り入れようと、チーム内に信奉者が現れた。自主トレで川崎(カブスとマイナー契約)らを率いて体を動かすことがあるが、シーズン中は孤高のルーティンワークに他の選手を寄せ付けることはなかった。それが、今春のキャンプでは様変わり-。

 フロリダ州ジュピターのマーリンズのキャンプ地。スタジアムの隣にコンテナが並んでいる。昨年、移籍1年目から仮設されたイチロー専用のトレーニングジムだ。シーズン中には本拠地マイアミにあるマーリンズ・パークの倉庫に場所を移される。

 昨年のキャンプ中は、設備の整ったメジャーのキャンプではまずお目にかかれない施設のためか、「マーリンズ・ナインが近づくことはなかった」(地元紙マイアミ・ヘラルド紙)

 ところが今年は状況が変わっていた。マーセル・オズナという22歳の外野手が、練習後にイチローの姿を追って、コンテナの中に入っていくシーンがよく見受けられたという。

 フロリダ南部の「サン・センチネル」紙によると、オズナは「使いこなすのはとても難しい。何とかやっていきたい」と、イチロー独自のトレーニング法を身につけようと懸命だ。