【東日本大震災5年】神出鬼没の「わかめアニキ」 その正体は…(3/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

東日本大震災5年

神出鬼没の「わかめアニキ」 その正体は…

 販売方法も個性的だ。自身で撮影したワカメ漁の映像を大きなプロジェクターで流したり、練習中のギターを手に、大ファンだという長渕剛の歌を披露したりりする。意気投合した客やスーパーの店員とは、拳を突き上げた写真を一緒に撮影。「三陸の人に『ここで売ってるぞ』と。そういう思いを込めています」と話す。

 「震災から5年。復興支援というお涙頂戴的な感じは終わり。三陸のワカメは品質がいいので、被災地は自立して頑張ってほしい」。心でエールを送りながら、今日もどこかでワカメを売っている。(山本浩輔)