【東日本大震災5年】神出鬼没の「わかめアニキ」 その正体は…(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

東日本大震災5年

神出鬼没の「わかめアニキ」 その正体は…

【東日本大震災5年】神出鬼没の「わかめアニキ」 その正体は…
【東日本大震災5年】神出鬼没の「わかめアニキ」 その正体は…
その他の写真を見る (1/2枚)

 千葉県船橋市の海産品卸業「リアス」の坂詰和仁さん(47)は、東日本大震災被災地の漁業関係者らの復興を、キャンピングカーで全国を回って三陸産ワカメを販売するという独特の方法で支援している。

 サングラスをするなど、少しこわもてな容貌もあってか、関係者らからは親しみを込めて「わかめアニキ」と呼ばれている。「小学生時代からあだ名は『わかめ』だったので、特に違和感はありません」と笑う。

 昭和42年、脱サラした父親が創業した。現在はさまざまな海産物を扱うが、主力商品は一貫して宮城県石巻市などの三陸ワカメだ。父の死後、実質的な経営者となった。

 商品は生産者から直接買い付けているため、信頼関係は抜群。2代目として練り上げてきた経営方針は「日本の海藻を広め、日本の伝統食文化を守り、日本の絆を大切にする」こと。各地に販売に赴くだけでなく、講演や料理教室なども行い、おいしい食べ方や漁の文化の伝道師ともなっている。いち早くインターネット上で販売を始めたり、ワカメ入りの餃子を開発したりするなど、チャレンジ精神も旺盛だ。