高浜3、4号機差し止め

「基準は世界最高レベル」 規制委の田中委員長「見直す必要なし」

定例会見で記者の質問に答える原子力規制委員会の田中俊一委員長=9日午後、東京都港区(緒方優子撮影)
定例会見で記者の質問に答える原子力規制委員会の田中俊一委員長=9日午後、東京都港区(緒方優子撮影)

 高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転の停止を命じる大津地裁の仮処分の決定を受けて、原子力規制委員会の田中俊一委員長は9日の定例会見で、東京電力福島第1原発事故後に策定した原発の新規制基準について「見直す必要はない」との考えを示した。

 大津地裁の決定の約1時間後に開かれた会見で、田中委員長は「まだ(決定文の)中身を承知していないので、今の段階で申し上げることはない」と内容についての言及を避けた。

 一方、今後の規制のあり方について「常に新しい知見を取り入れて、より安全を追求していくという姿勢、原則に変わりはない」とした。その上で、新規制基準について「これまで世界最高レベルに近づいていると申し上げてきたが、その認識を変える必要はないと考えている」と改めて強調した。

会員限定記事会員サービス詳細