主張

国連女子差別委 独善的見解の撤回求めよ

 慰安婦問題で「未解決の課題が残り遺憾」とした指摘は的外れである。元慰安婦への金銭賠償や公式謝罪などを勧告しているが、日本はアジア女性基金などを通し、できる限りのことをしてきた。

 安倍晋三首相も国会答弁で「筆舌に尽くしがたいつらい思いをされてきた方のことを思い、非常に心が痛む」と述べ、昨年末の日韓合意では「心からのおわびと反省」が盛り込まれた。

 「教科書から慰安婦の記述を削除した」との批判も、何を指してのことか。嘘を書くことが許されようはずもない。

 今回、委員会は最終見解の発表にあたり、「性奴隷」の表現を用いず、「慰安婦」の用語に統一すると伝えてきたという。日本政府の反論が一部奏功したともいえるが、黙して誤解を広めてきた責任を忘れてはならない。客観的事実を丁寧に重ねることで動くことを銘記すべきだ。

 慰安婦を「性奴隷」とした国連人権委のクマラスワミ報告もいまだ正されていない。

 政治的思惑で日本をおとしめる動きを看過せず、事実で正す有効な発信を継続したい。

会員限定記事会員サービス詳細