野球賭博

高木京投手を任意聴取へ 警視庁

 笠原将生元投手ら3人の立件に向けて捜査を進めている警視庁組織犯罪対策4課は、高木京介投手についても任意で事情聴取する方針を固めた。刑事責任について慎重に捜査を進める。

 組対4課は昨秋、巨人やNPBの協力を得ながら、笠原元投手ら関係者の事情聴取や、携帯電話の解析などを開始。立件に向けた捜査を続けていた。

 高木投手は笠原元投手を通じて賭けをしており、捜査対象となる賭博ルートは変わらないとみられる。捜査関係者は「今回時間を経て関与者が浮かんだことで、他にも関与した選手がいる可能性はぬぐいきれない」と話す。

会員限定記事会員サービス詳細