【TVクリップ】ういういしさとオトナ女性の魅力を漂わせ… フジ・新人、宮司愛海アナの座右の銘は「負けるが勝ち」?(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

TVクリップ

ういういしさとオトナ女性の魅力を漂わせ… フジ・新人、宮司愛海アナの座右の銘は「負けるが勝ち」?

【TVクリップ】ういういしさとオトナ女性の魅力を漂わせ… フジ・新人、宮司愛海アナの座右の銘は「負けるが勝ち」?
【TVクリップ】ういういしさとオトナ女性の魅力を漂わせ… フジ・新人、宮司愛海アナの座右の銘は「負けるが勝ち」?
その他の写真を見る (1/8枚)
「GO!GO!チャギントン」 フジテレビ 日曜午前6時15分

 乗り物好きの子供たちに人気のCGアニメ「チャギントン」。2月から4代目ナビゲーターとなり、子供たちへの呼び掛けやあらすじの紹介などを行うのは、昨年入社した期待の新人アナウンサーだ。

 「アナウンサーの仕事は、子供に語りかける機会があまりないんです。だから、子供好きの私としては、この番組でそういう経験ができて本当にうれしいです。小さい頃、(NHK教育番組の)『うたのおねえさん』に憧れてましたので」

 作品の舞台は、列車が人のように話し、成長する街「チャギントン」。ウィルソンやココ、ブルースターら「見習い列車」たちが先輩列車に導かれながら共に笑い、悩み、成長していく。同作の魅力について、「子供たちが楽しめる一方で、教育的な側面も盛り込まれている。大人の方も安心してお子さんに見せられるところ」と語る。

 ナビゲーターの仕事については、「普段の自分の3倍のテンションで、(冷静に)せりふを言わなくてはいけない。すごく難しいです」と苦笑い。収録の際は、同じくナビゲーターのつるの剛士に助けられているという。「包み込むような安心感でした。私も3人きょうだいの長女なので、『安心感』を出せたら、と思います」と意気込む。