【難読地名を行く-茨城編】難易度全国レベル 水戸市木葉下町(あぼっけまち) 山麓の地形に由来?!(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

難読地名を行く-茨城編

難易度全国レベル 水戸市木葉下町(あぼっけまち) 山麓の地形に由来?!

【難読地名を行く-茨城編】難易度全国レベル 水戸市木葉下町(あぼっけまち) 山麓の地形に由来?!
【難読地名を行く-茨城編】難易度全国レベル 水戸市木葉下町(あぼっけまち) 山麓の地形に由来?!
その他の写真を見る (1/5枚)

 水戸市の北西部、茨城県笠間市と同県城里町の境界が走る里山沿いの田園地帯。木葉下町と書いて、「あぼっけまち」と読む。水戸市の大字だ。それぞれの漢字に、どの音が振られているのかすら想像のつかないこの地名は、難読地名として全国的にも有名だ。どのような由来があるのだろうか。

 水戸市教育委員会によると、「木葉下町の由来について、何度か問い合わせを受けたことがあるが、詳しいことは分からない」という。その代わりに、いくつかの書籍を紹介してくれた。

 水戸市史も編集している堀口友一氏の著書「今昔水戸の地名」には、古く安土桃山時代には木葉下村と書き、「あほつけ村」と読んでいたとある。

 「ホケはハケまたはカケで、山の岨(そば)などの土のかけやすいことから起こった語」、「木葉下とはそのような場所の大樹の陰の意味」と紹介されていた。