NHK、「受信料長州力」開設を中止 「長州」は「徴収」? 「視聴者をバカにするな」などの意見も

 NHKは4日、プロレスラーの長州力さん(64)を起用して受信料制度の理解促進を図る特設サイト「受信料長州力」の開設を中止した。NHKの公式サイトや広報局のツイッターなどで発表された。

 NHKは、若い世代などに受信料制度の理解を深めてもらうことを目的に、2月29日に「受信料長州力」の予告サイトをオープン。3月14日の特設サイト開設を予定していた。

 開設中止の決定を受け、予告サイトも4日夕方に消滅した。中止の理由について、公式サイトは「視聴者の皆さまからさまざまなご意見をいただき、私どもの意図を正しくお伝えすることが難しいと考え、開設を中止しました。ご理解をいただけますよう、お願い申し上げます」と説明している。

 「受信料長州力」をめぐっては、長州力さんの「長州」という言葉が「徴収」の意味も含んでいるのでは、との指摘がインターネット上で相次いでいた。ネットユーザーの間では、「遊び心があっていい」「プロレスファンとしては面白い試みだと思う」との意見があった一方で、「視聴者をバカにするな」「受信料を何だと思っているのか」「NHK本体や子会社で不祥事が相次ぐこの時期に、こういうサイトはいかがなものか」などの反対意見も続出していた。