編集者のおすすめ

邦人を守った上海の激戦 『日中戦争は中国の侵略で始まった』阿羅健一著

 阿羅氏は言う。「日本人は第二次上海事変がいかに起きたかを再確認し、日中戦争が決して日本の侵略戦争だったわけではないという事実を胸に、歴史捏造(ねつぞう)を繰り返す中国に正対すべきである」と。

 本書は、すべての日本人に知ってほしい祖父たちの過酷な戦いの記録である。(悟空出版・920円+税)

 悟空出版第一編集部 編集長 河野浩一