浪速風

花粉症なしに春は来ないのか

急に春めいてきた。薄着の通勤電車は、いつもより空いているように感じた。その分、マスク姿が目立ち、あちこちでゴホッ、ゴホッ、クシュンが聞こえる。こちらも風邪がなかなか治らないのに加えて、花粉症の症状が出始め、駅前で配っていたポケットティッシュを自分からもらいに行った。

▶これを体験しないと春が来ないのはつらい。スギ花粉症は日本人の3~4人に1人といわれる国民病で、マスクのような特需もあるが、経済的損失も大きい。ある製薬会社の調査では、花粉症で失われるもののトップは「集中力」だが、女性が「魅力」「女子力」と答えていたのもなるほどと思う。

▶花粉症は戦後、木材の需要が急増して、農林水産省がスギの植林を推奨したのが原因とされる。コンクリートやアスファルトで覆われた都会は花粉を吸着せず、何度も舞い上がって飛散する。人間が身勝手に自然に手を加えたしっぺ返しかもしれない。それにしても…ヘークシュン!。