ヌード封印した『PLAYBOY』の新しいデザインとは…

 伝統あるポルノ誌『PLAYBOY』(プレイボーイ)のリニューアル号が発刊された。インターネットにポルノが流通する時代に「ヌードをやめた」ポルノ誌は、どう生まれ変わったのか。とくにそのエディトリアル・デザインに注目した。

 60年以上にわたって堂々と裸を掲載してきた『PLAYBOY』誌だが、2016年3月号は「職場で安心して読める」。この歴史ある男性誌の写真は、ずっと落ち着いたものになった。ヴィニールでシュリンクされていないし、少し大きなサイズのマットな表紙は、まるでアートマガジンのようだ。

PLAYBOYがいま、つくりあげようとしているのは「恥ずかしがらずにすむ読書体験」の提供だ。大幅にデザインが変更され、女性のヌード写真を掲載する数十年来の伝統は終わった。

脳と性器は別物!?

昨年10月の発表後、「メッセージやメールがたくさん届いた。何をやってんだ?といった類の、ね」と、PLAYBOYのクリエイティヴディレクター、マック・ルイスは言う。

それもそのはずだ。1953年(この年、マリリン・モンローがこの雑誌の「折り込みページ」に登場した)の創刊以来、PLAYBOYは世界で最も有名なヌード雑誌である。あるいは、少なくとも「そうだった」。しかし、インターネットが登場してヌードがはるかに手軽なものとなり、いまでは裸はかつてほど貴重なものでなくなっている。先ごろ、PLAYBOYのチーフエグゼクティヴ、スコット・フランダースがニューヨーク・タイムズに「こうした状況では、ヌードはもはや古い」と語ったのも、仕方がなかったのかもしれない。

会員限定記事会員サービス詳細