これは僕の知っている王将じゃない…カフェ風な「OHSHO」新型店、海外含め10店舗以上出店へ

これは僕の知っている王将じゃない…カフェ風な「OHSHO」新型店、海外含め10店舗以上出店へ
これは僕の知っている王将じゃない…カフェ風な「OHSHO」新型店、海外含め10店舗以上出店へ
その他の写真を見る (1/5枚)

 「餃子の王将」を展開する王将フードサービスの渡辺直人社長は1日、京都市内で記者会見し、女性客の来店を狙う新型店舗の出店について「今後1年間で2ケタ以上の店は出したい」と語り、来年2月までに10店舗を超える大量出店を目指す方針を明らかにした。

 新型店の出店エリアについて、渡辺社長は「首都圏を中心に物件調査に入っている」と話し、東京や大阪などの国内の大都市圏を視野に検討。海外展開は「進出先は未定」(渡辺社長)としたが、欧米を軸に新型店で再出店する考えを示した。同社は一時、中国に出店したが、赤字が膨らみ、平成26年10月に海外展開から撤退した経緯がある。

 一方、今月3日にオープンする新型店の第1号店「GYOZA OHSHO 烏丸御池店」(京都市中京区)は社外デザイナーらの意見を取り入れ、従来の店舗に比べ内装を清潔感があるカフェ風にし、シソ餃子など健康的な新メニューを用意した。同社初の立ち食いスペースも併設し、初年度の売上高は1億2千万円を計画する。

 渡辺社長は「従来店では来店客の2割にとどまる女性客をさらに取り込む商機につなげたい」と話した。