真田丸の注目人物

直江兼続演じる村上新悟は大河に4年連続出演…1作に出るのも難しいのになぜ?

【真田丸の注目人物】直江兼続演じる村上新悟は大河に4年連続出演…1作に出るのも難しいのになぜ?
【真田丸の注目人物】直江兼続演じる村上新悟は大河に4年連続出演…1作に出るのも難しいのになぜ?
その他の写真を見る (1/3枚)

 NHK大河ドラマに、「真田丸」を含めて4年連続で出演している役者がいる。直江兼続(かねつぐ)役の俳優、村上新悟(41)だ。兼続は平成21年の大河「天地人」(妻夫木聡主演)の主人公にもなった人物。今作ではまだあまり登場していないが、クールで静かなたたずまいには存在感がある。「大河」は1作に出演するのも難しいといわれるが、村上の起用が続くのはなぜだろうか…。(本間英士)

いい声が評判「イケボ担当」

 村上はこれまで、25年の「八重の桜」(大山格之助役)、「軍師官兵衛」(大谷吉継役)、「花燃ゆ」(久坂玄機役)、そして今回の「真田丸」と、4つの大河ドラマに連続して出演。19年の「風林火山」(春原惣左衛門役)も含めると、大河ドラマ出演は4年連続5度目となる。

 直江兼続は、上杉景勝(遠藤憲一)に仕えた重臣。「真田丸」ではクールな人物として描かれており、おおらかな景勝とは対照的だ。「『真田丸』の兼続は、『愛』と『義』の人であるのと同時に、国を維持するための冷徹さもある。裏切り者を磔(はりつけ)にする場面もある。僕の兼続と妻夫木さんの兼続は、おそらく全然違うと思います」