梅田・車暴走事故

高齢者跳ね上げ、ボンネットに男性乗せ暴走 路上には血まみれの人多数…白昼の繁華街騒然

【梅田・車暴走事故】高齢者跳ね上げ、ボンネットに男性乗せ暴走 路上には血まみれの人多数…白昼の繁華街騒然
【梅田・車暴走事故】高齢者跳ね上げ、ボンネットに男性乗せ暴走 路上には血まみれの人多数…白昼の繁華街騒然
その他の写真を見る (1/3枚)

 買い物客らの笑い声は悲鳴に変わった。大阪市北区のJR大阪駅北側の歩道に25日昼すぎ、車が乗り上げ、歩行者を次々とはねた。複数が搬送され、20代の女性ら3人が意識不明となった。「なんでこんなことに…」。目撃者らは言葉を失い、呆(ぼう)然と立ち尽くした。

■目撃者「ブレーキなく…運転の男、車中でグッタリと」

 現場はJR大阪駅のすぐ北側で、大型家電量販店のビルそばの交差点。目撃者の証言によると、突然黒い乗用車が歩道に突っ込み、人をなぎ倒しながら東側の「阪急三番街」方面に約30メートル走った末に、塀にぶつかり停車した。車のフロントガラスは粉々に壊れていた。運転手は男で、車内でぐったりした状態だったという。

 交差点で信号待ちをしていた20代の男性は「突然タイヤのこすれる音がして、反対側の歩道に乗り上げた縁石にぶつかりながら次々と人をはねていった。最後はフロントガラスの上に高齢の男性を跳ね上げ、塀にぶつかって止まった」と震えながら話した。

 現場には約10分で救急車や消防車、警察車両が次々と到着。周辺には規制線が張られ、救急隊員らが心臓マッサージをするなど、救助に追われた。

 事故を目撃した男性(52)は「車は中年の男性をボンネットの上にのせたまま走っていた。ブレーキをかけている感じはなかった。運転手は男で中でぐったりしていて、意識がないような状況だった」と語った。