ハリポタ新作の裏事情 強引な出版に「金のため…恥知らずな試み」憤るファンも

 全世界で累計4億5000万部が売れた大ベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズ。その最新刊となる第8巻『ハリー・ポッターと呪われた子ども』が7月に発売されることになった。完結編となる第7巻の発売から9年ぶりの新作だが、もともとは、英国で上演する演劇作品の脚本。「英国まで舞台を見にいけない」と嘆く世界中のファンのために書籍化を決めたという。この動きに「金のための恥知らずな試み」と憤るファンも少なくない。新作を無理やり出版する裏には、やはり台所事情があるようだ。

 ■9年ぶり…「19年後」

 英紙デーリー・メール(電子版)やフランス通信(AFP)などによると、舞台(2部構成)は、ロンドンのウエストエンドで7月30日に開幕の予定。第8巻は、ハリーの誕生日でもある翌日の31日に、紙の書籍と電子書籍の両方が発売される。

 原案は、シリーズ作者のJ・K・ローリング氏(50)と、英の人気脚本家兼劇作家のジャック・ソーン氏(37)、そして英舞台監督のジョン・ティファニー氏が共同で作り、ソーン氏が脚本化した。

 新作は、2007年7月発売の第7巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』から19年後、結婚して3人の子供の父親となり、魔法省で働くハリーが、末っ子のアルバスとともに一家が背負う過去や宿命、闇の勢力に苦しめられながら戦うという内容だ。

会員限定記事会員サービス詳細