「余裕がなかった…」小学校教諭がテスト23回せず成績つける 学校謝罪、3月までに残り23回テスト実施へ - 産経ニュース

メインコンテンツ

「余裕がなかった…」小学校教諭がテスト23回せず成績つける 学校謝罪、3月までに残り23回テスト実施へ

 京都市右京区の市立小学校で、小学6年を担任する男性教諭(35)が、学校で決められたテスト回数50回のうち、23回を未実施のまま成績をつけていたことが25日、京都市教委への取材で分かった。男性教諭はテストを実施しなかった理由について「授業で精いっぱいで、余裕がなかった。力不足で申し訳ない」と説明している。

 市教委によると、男性教諭は平成27年4月から児童38人の担任をしていた。前期中に国語、社会、算数、理科の4教科、計28回のテストを実施しなければならないところを18回しか行わず、うち15回は未返却だった。前期分の成績表は授業態度などを総合評価した上で、9月末に児童らに渡された。

 後期も今年1月末までに実施すべき22回のうち9回しか行わず、4回が未返却だった。1月末の授業参観の際、児童の母親が校長に「テストを返してくれない」などと相談し発覚。昨年7月にも、別の保護者から教諭に「テストの回数が少ない」との指摘があったが、教諭は校長に報告していなかったという。

 学校側は、緊急の懇談会を開いて保護者に謝罪した上で、児童に3月の卒業までに未実施のテストを受けさせると説明した。現在、教諭は担任を離れ、副教頭が仮担任を務めているという。市教委は、「児童や保護者の信頼を損なう事態。懲戒処分も含め、厳しく対応する」とコメント。市教委は今回の件を受け、市内の全小学校にテスト実施などの緊急確認を行った。