【五輪エンブレム見直し】意見募集は選択式と自由記述 - 産経ニュース

メインコンテンツ

五輪エンブレム見直し

意見募集は選択式と自由記述

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の「エンブレム委員会」は22日、第11回会合を開き、最終審査に国民の意見を反映させるため、意見募集の方法を決めた。

 エンブレム委によると、大会組織委の公式ホームページに意見募集の専用ページを開設。公開された各候補作品から受ける印象を、スポーツの力▽日本らしさ▽東京らしさ▽世界の平和▽自己ベスト・一生懸命・一体感・インクルージョン▽革新性と未来性▽復興・立ち上がる力-の7つのキーワードから選択(複数回答)するほか、150字以内の自由記述欄を設ける。

 はがきも同様で、全ての候補作品に意見を述べることもできる。募集期間は10日間程度にする予定。

 エンブレム委の宮田亮平委員長(東京芸術大学長)は「数ではなく、どういう意見があるのかを参考にしたい」と述べた。