浪速風

漱石もびっくりの猫ブーム

今日は「猫の日」である。2月22日と「ニャン・ニャン・ニャン」の語呂合わせで、ちなみに「犬の日」は「ワン・ワン・ワン」の11月1日。飼育数では大きくリードしていた犬を猫が猛追して、やがて逆転しそうだ。経済効果は年約2兆3千億円と試算され、「ネコノミクス」と呼ばれる。

▶猫好きで知られた向田邦子さんは「こちらの心理を先廻りするかと思うと、まぎれもなく野獣だな、と思い知らされたりもする。甘えあって暮らしながら、油断は出来ない。その兼ねあいが面白い」(「猫自慢」から)という。不慮の飛行機事故で亡くなった時、愛猫は3カ月、部屋から出なかったそうだ。

▶わが家では猫は飼っていないが、NHK・BSの「世界ネコ歩き」は欠かさず見ている。人間の生態を鋭く観察し、哲学的な思索にふける…。日本人の猫に対するイメージは、夏目漱石の「吾輩は猫である」によってつくられたのではないか。今年は漱石の没後百年である。