ビジネスの裏側

シャープ・鴻海の決裂を期待、未練隠せぬ革新機構…成立なら日本勢に脅威

 このままシャープの鴻海傘下入りが決まれば、電機業界の再編は宙に浮く。

 東芝の室町正志社長は4日の記者会見で、「(シャープとの交渉が)成立しない場合には(白物家電事業は)海外メーカーへの売却も選択肢だ」と述べた。

 鴻海によるシャープの買収が、電機業界も外資によるM&A(企業の合併・買収)を積極的に受け入れるきっかけになるかもしれない。