清原容疑者逮捕

桑田真澄氏は言った 「野球にはピンチになれば代打やリリーフがあるが、人生にはそれがない…」

 (清原容疑者には)人柄も、残してきた実績というものもあると思う。プロ野球だけでなく、高校時代の実績も。本当に2人はいい思いをさせてもらったけど、その分やはり学生野球、アマチュア野球、そしてプロ野球にも恩返ししていかなければならない。われわれ2人にはそういう使命があると思う。その使命へ向けて2人で力を合わせて貢献できたらいいなと思っていたし、またそうできる日を心待ちにしたい。

 (最後に会ったのは)もう3年前になるかな。僕も小姑のように「こういうことはよくない」とか「こうしなきゃいけない」とか言い続けてきた。それを(清原容疑者へ)言えるのが僕だと思うので、その小言に嫌気がさしたんでしょう。「一切、関わらないでくれ」といわれて3年ぐらいになるか。それくらい電話もしていないし、会ってもいない。

 (関わらないことについて)何度も確認したが、「それでいい」というので。お互い大人だし、「お前がそういうならそうしよう」と。僕も現役時代より、引退してからの方がよく電話で話をしたのでね。まあ、僕自身はやれることはやってきたと思う。