経済インサイド

TPP署名式に羽織袴で登場したひんしゅく副大臣って何者なんだ? 得意芸は安倍首相のモノマネだとか…

 高鳥氏に関する問題は、今のところ、これ以上、広がる気配は見えない。だが、足元では、安倍首相が抜擢した閣僚たちの素人的な言動が相次ぎ、政府・与党の頭を悩ませている。

 丸川珠代環境相は、福島第1原発事故後に国が除染の長期目標を「1ミリシーベルト以下」と定めたことを「何の根拠もない」と発言したと報じられ、9日の国会で謝罪に追い込まれた。島尻安伊子沖縄・北方担当相は9日の会見で北方4島の一つ「歯舞」が読めず、批判にさらされている。

 折しも世界経済の不透明感と金融市場の混乱で、日本経済の先行きには暗雲が立ちこめ始めている。政策総動員で「まき直し」をはからなければならない大切な時期に、つまらない「素人発言」の連発で政権運営がたち行かなくなれば、名目GDP600兆円への成長を目指すアベノミクスも頓挫することになりかねない。(山口暢彦)