写真集チラ見せ

怖すぎる美をディープに追求したらこうなった…球体関節人形の妖しい魅力『天野可淡 復活譚』

【写真集チラ見せ】怖すぎる美をディープに追求したらこうなった…球体関節人形の妖しい魅力『天野可淡 復活譚』
【写真集チラ見せ】怖すぎる美をディープに追求したらこうなった…球体関節人形の妖しい魅力『天野可淡 復活譚』
その他の写真を見る (1/7枚)

 怖い、生々しい、でも美しい…。数ある人形の中でも、際立って妖しい魅力で熱狂的な愛好者を持つ球体関節人形。その伝説的な作り手として知られる故・天野可淡(かたん)さんの作品を撮り下ろした写真集『天野可淡 復活譚』(KADOKAWA・2800円+税)が発売された。

 球体関節人形はその名の通り、関節部分に球をはめ込むことで自在なポーズ付けを可能にした人形。西洋人形では古くからあった様式だが、国内では昭和40年代、ドイツの芸術家ハンス・ベルメールの作品を作家の澁澤龍彦が紹介したことで広く知られるようになり、人形作家の四谷シモンさんらによって日本独自の耽美的ジャンルとして発展を遂げた。

 天野さんは球体関節人形の代表的作家の一人だ。昭和28年に生まれ、女子美術大在学中から人形制作を開始。幼い少女の可憐さとともに、妖艶さや独特の暗さ、怖さも感じさせる作風で高い評価を得るが、交通事故のため平成2年に37歳の若さで亡くなった。その作品はファンの間で「カタンドール」と呼ばれ、活動期間の短さにも関わらず、人気は今なお衰えていない。

 本書は、天野さんの没後25年にあたる昨年、天野作品コレクターの写真家、片岡佐吉さんが撮り続けてきた写真をまとめたもの。片岡さんは札幌と東京で人形専門店「人形屋佐吉」を長年経営し、現在は京都市左京区で人形博物館「マリアの心臓」を運営する人形界の第一人者だ。

会員限定記事会員サービス詳細