「育休不倫」辞職で京都3区の補選、おおさか維新が候補擁立へ

 おおさか維新の会は15日、宮崎謙介衆院議員(35)=自民、京都3区=の辞職表明に伴い4月に実施される見込みの同区補選に公認候補を擁立する考えを示した。同日、京都市内で党京都府総支部「京都維新の会」と意見交換をした党選対本部長補佐の井上英孝衆院議員が報道陣の取材に答えた。

 井上氏は「(京都維新とは)戦うことで意思疎通した。具体名は挙がっていないが、来月早々には候補者を決めたい」と表明。党が実施している公募の中から選ぶ可能性もあるとした上で、「京都維新の会から『この人は』という人があれば推挙してもらいたい」と述べた。

 京都3区の補選は宮崎氏の辞任が3月15日までに認められた場合、4月24日に投開票される。前回衆院選で宮崎氏に惜敗した民主党の泉健太衆院議員(比例近畿)が立候補へ意欲をみせているほか、自民、共産も擁立に向けた人選を進めている。

会員限定記事会員サービス詳細