幻想的な舞台に映る愛の真実、東京二期会がオペラ「イル・トロバトーレ」上演 2月17日から4公演

幻想的な舞台に映る愛の真実、東京二期会がオペラ「イル・トロバトーレ」上演 2月17日から4公演
幻想的な舞台に映る愛の真実、東京二期会がオペラ「イル・トロバトーレ」上演 2月17日から4公演
その他の写真を見る (1/2枚)

 伊作曲家、ベルディ(1813~1901年)のオペラ「イル・トロバトーレ」が17日から東京文化会館(東京都台東区)で上演される。東京二期会がイタリアの名門、パルマ王立歌劇場、ベネチアのフェニーチェ劇場と提携した舞台は、漆黒の空間に詩的な興趣を運ぶ光を大胆に配し、兄弟と知らずに1人の女性を争う人間模様とともに、わが子と母を失った老女の悲しい愛の物語がつづられていく。

 「イル・トロバトーレ」は1853年、ベルディ自身の指揮によってローマのアポロ劇場で初演された。イタリア統一の機運が盛り上がる中、祖国への思いを歌い上げる合唱曲を織り込んだオペラ「ナブッコ」で人気作曲家となり、音楽とドラマの緊密な融合を探究して次々と傑作を生んだベルディが「リゴレット」「椿姫」と同時期に手がけ、熱狂的な成功を収めている。

会員限定記事会員サービス詳細