北ミサイル発射

北朝鮮、拉致問題の特別調査委員会解体を発表 重大局面も日本政府「織り込み済み」

 一方、日本政府は北朝鮮による今回の発表を「織り込み済み」(外務省幹部)と冷静に受け止めている。政府は今後の北朝鮮の動向を見極めながら、拉致問題の対話を継続させたい考えだ。

 政府筋は12日夜、記者団に対し、「望んだことではないが、あり得ることだった」と述べ、外務省幹部は「対話のドアは閉じるつもりはない」と拉致問題の解決に向け、粘り強く交渉すると強調した。

 別の外務省幹部は「極めて遺憾だ。許し難い」と述べた。