【編集日誌】消えた「実質0円」…スマホは冬の時代に突入 - 産経ニュース

メインコンテンツ

編集日誌

消えた「実質0円」…スマホは冬の時代に突入

 携帯電話に対する興味が薄れて何年になるでしょうか。米アップルの「iPhone」を初めて手にしたときは「新たな可能性」を感じたものですが、普及率が100%を超える中、もはやスマホも特別な存在ではなくなってしまいました。

 「成長」から「成熟」に移りつつある携帯電話。事業者に突き付けられているのは販売方法の適正化など、さまざまな是正策です。12日からスタートした連載企画「激変!!携帯市場」では携帯各社の焦燥、販売の最前線などを紹介。入学・入社シーズンを前にした繁忙期にもかかわらず、販売店からは「実質0円」端末が消え、来店客が9割も減少した店があるそうです。

 この逆風下をどう生き残るのか。携帯電話への関心は薄れましたが、冬の時代に突入する携帯市場の動向については興味深く注視していきたいと思います。(編集長 島田耕)