不倫・宮崎議員辞職表明

自民・溝手氏 「うらやましい」発言を撤回…「宮崎という名前すら知らない」

参院本会議で質問する自民党の溝手顕正氏=27日午前、国会(斎藤良雄撮影)
参院本会議で質問する自民党の溝手顕正氏=27日午前、国会(斎藤良雄撮影)

 自民党の溝手顕正参院議員会長は12日、宮崎謙介衆院議員が不倫を認めて議員辞職を表明した後、首相官邸で記者団に「うらやましい…人もいるんじゃないの」と発言したのは真意でなかったとして撤回する意向を明らかにした。「宮崎(謙介)という名前すら知らない。(記者が)宮崎の何とかと言ったかもしれないが、それに答えたつもりはない」と述べた。国会内で記者団の取材に答えた。

 溝手氏は、野党が統一候補を擁立する参院選熊本選挙区を引き合いに「(野党共闘がうまくいっていない宮崎選挙区が)うらやましい人もいるんじゃないかと。(熊本選挙区で公認された)松村祥史君のように泣いている人もいる」と記者団に語った。

 これに先立ち、伊達忠一参院幹事長や吉田博美参院国対委員長は会見で、溝手氏の発言をフォロー。発言前に参院選対策を協議していたため、官邸で記者団が発した「宮崎」という名前を、現職1人を公認している宮崎選挙区と勘違いしたと話していた。