清原容疑者に薬物調達していた野村氏、教え子に賭博関与投手

清原容疑者に薬物調達していた野村氏、教え子に賭博関与投手
清原容疑者に薬物調達していた野村氏、教え子に賭博関与投手
その他の写真を見る (1/2枚)

 元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で11日、同容疑者が同法違反の使用容疑で、13日にも再逮捕されることが分かった。また、清原容疑者の巨人時代の薬物使用歴を明かした元巨人投手、野村貴仁氏(47)と野球賭博に関与し失格選手として公示された元巨人投手、松本竜也氏(22)の意外な接点も判明した。

 野村氏は2006年、覚せい剤取締法違反で執行猶予3年の有罪判決を受けた。その後は出身地の高知市で野球教室を主宰、ホームページで「私には投手を指導するにあたり特殊能力があります。2011年巨人ドラフト1位の松本竜也は第1号のクライアントでした」とPRしていた。

 松本氏は昨年11月、野球賭博に関与したとして失格選手となった巨人の3投手のうちの1人。父親と野村氏が社会人野球の三菱重工三原出身、という接点がある。球界の盟主を舞台に、薬物汚染と野球賭博という球界の2大事件が交差した形となった。

会員限定記事会員サービス詳細