速報

速報

立民新代表に泉氏 決選投票で逢坂氏破る

生活保護費回収断念

「不倫部屋」家賃に使用も「何で私だけ、返還納得できない」トラブルさまざま…

【生活保護費回収断念】「不倫部屋」家賃に使用も「何で私だけ、返還納得できない」トラブルさまざま…
【生活保護費回収断念】「不倫部屋」家賃に使用も「何で私だけ、返還納得できない」トラブルさまざま…
その他の写真を見る (1/2枚)

 生活保護の返還トラブルをめぐっては、さまざまな事情もある。

 「私だけ返還するのは納得できない」。大阪府内の40代女性は、不倫関係にあった男性と密会するマンションを借りるために生活保護を申請、受給を受けていたという。だが、大阪市に不正受給と認定され、今後少なくとも400万円の返還が必要になった。

 関係者によると、男性は妻子ある40代のお笑い芸人。約4年前に女性と不倫関係になり、2人で下見した上で大阪市浪速区内に家賃4万3千円の賃貸マンションを借りた。

 収入がなかった女性は、同区役所に生活保護費の支給を申請し、月額約12万円が認められた。月に一度の支給日には女性が保護費を受け取り、家賃の支払いや2人の外食代などに充てていたという。