赤字のお仕事

「海を臨むホテル」「海を望むホテル」 漢字「のぞむ」の使い分け、正解は?

 正解は「海を望むホテル」です。

 新聞の何十本もの記事を校閲していると、つい油断して、すうーっと通してしまいがちなのが、この「望む」「臨む」のような同訓異字の使い分けです。

 このコラムでも、たびたび登場する弊社の用字用語集『産経ハンドブック』には、「望む」「臨む」の使い分けについて説明を載せており、

・望む=希望、望見

・臨む=臨場、臨機

 としています。

 もう少し分かりやすく2語を比べると…

「望む」は、遠くから眺める、一望できる

「臨む」は、その場所に向かい対する

 という感じでしょうか。

 辞書によると、もとは同じ語源とされる「望む」と「臨む」だけに、確かに似たような意味ですが、距離感のイメージに違いが出るかと思います。

 「望む」は全景が認識できる遠い距離、「臨む」は臨場感のある近い距離。

 遠くから海を一望できるという意味の「のぞむ」なら「海を望むホテル」、海に向かい対する、面しているという意味で「のぞむ」なら、「海に臨むホテル」が適切な表現と思います。

会員限定記事会員サービス詳細