【プロ野球】巨人の新人トリオが動物園で飼育体験 ゾウとふれあい、リフレッシュ - 産経ニュース

メインコンテンツ

プロ野球

巨人の新人トリオが動物園で飼育体験 ゾウとふれあい、リフレッシュ

【プロ野球】巨人の新人トリオが動物園で飼育体験 ゾウとふれあい、リフレッシュ
【プロ野球】巨人の新人トリオが動物園で飼育体験 ゾウとふれあい、リフレッシュ
その他の写真を見る (1/4枚)

 巨人の宮崎キャンプが最初の休日を迎えた5日、桜井俊貴(立命大)、中川皓太(東海大)の両投手と重信慎之介外野手(早大)の新人トリオが宮崎市フェニックス自然動物園(同市塩路浜山)を訪れ、1日飼育員を務めた。

 作業着姿の3人はまずラマの小屋を掃除し、おっかなびっくりのしぐさで餌の草も与えた。続いて人気者のメスのゾウ・みどりちゃん(タイ生まれ、15歳)にホースで水浴びさせ、手綱を引いて園内を散歩させる手伝いもした。

 体験を終えた重信は「隣で歩いていて乗りたいな、と思った」とゾウに興味津々。初めて参加するプロのキャンプでは体の張りも感じていたが、「これで元気になりました」と、動物たちとのふれあいにすっかり癒やされた様子だった。