現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

「7日」は何の日か知っているか! 「北方領土」の明確な国際発信を 新潟県立大学教授・袴田茂樹

問題の本質は国家主権の侵害

北方領土の日(7日)を迎える。領土問題と日露関係について考えたい。人類は国家だの領土だの愚かなことで、何時(いつ)まで性懲りもなく戦争や紛争を続けるのか、という気持ちは多くの者が共有している。政治学の分野でも、21世紀には国民国家や領土・国境問題は過去のものになるとの論が、つい10年前までは支配的だった。

しかし、現実は全く逆になった。欧州や中東、アフリカ、東アジアでも、領土・領海・国境問題や国家主権の問題は、今日極めて深刻な紛争を引き起こしている。いま生じている重大な国際問題のほとんどは破綻国家絡みで、主権国家が確固としていたら防げた筈(はず)だ。国家主権は基本的人権と同じく、歴史的に形成された概念で、あえて言えばフィクションだが、それを絶対的なものとして扱ってきたのは人類の叡智(えいち)である。

ランキング

  1. 【ソウルからヨボセヨ】車は〝下車感〟が重要

  2. 【産経抄】5月28日

  3. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  4. 【緯度経度】ウクライナ…仏独に出番はあるか 三井美奈

  5. 【主張】中露が拒否権行使 北を焚き付け平和乱すな

  6. 【主張】訪日観光客の解禁 コロナと共存し回復図れ

  7. 【浪速風】人のふり見て、わがふり直せ

  8. 【正論】「国家神道」は戦時下の反日宣伝 東京大学名誉教授・平川祐弘

  9. 【産経抄】5月27日

  10. 【産経抄】5月26日

会員限定記事