防衛最前線(55)

海自の海洋観測艦 海底の地形・海流・水温などを丸裸にする世界屈指の情報収集能力

【防衛最前線(55)】海自の海洋観測艦 海底の地形・海流・水温などを丸裸にする世界屈指の情報収集能力
【防衛最前線(55)】海自の海洋観測艦 海底の地形・海流・水温などを丸裸にする世界屈指の情報収集能力
その他の写真を見る (1/4枚)

 四方を広大な海に囲まれた日本を守るためには、潜水艦や掃海艦による高度な海中・海上作戦が欠かせない。海上自衛隊が誇る最新鋭の「そうりゅう型」潜水艦や掃海艦艇の能力の高さは世界でも屈指で、乗組員の練度も高い。ただ、それだけでは十分ではない。潜水艦や掃海艦が能力を最大限に発揮するには、海洋観測艦による情報収集が肝となる。

 海洋観測艦の主任務は、海底の地形や底質、潮流、海流、磁気、水温、水質など対潜戦に影響を与える自然環境のデータ化だ。民間の海洋調査船や測量船とは異なり、生物調査などを行わず、軍事目的に特化した海洋情報を収集するのが特徴だ。

 海自幹部は「海底には敵に発見されにくいポイントや、音響が伝播しやすい水質などがある。それを把握しているか否かで、海中作戦の立て方は大きく変る。掃海艦を駆使する機雷戦においても、潮流の情報は死活的に重要だ」と説明する。

 昨年6月に海洋観測艦「すま」が退役し、現在は「しょうなん」「にちなん」「わかさ」の3隻体制。日本周辺海域を中心に、日々の情報収集任務に当たっている。

 最も新しい海洋観測艦が、平成22年に竣工した「しょうなん」だ。21年に退役した「ふたみ」の後継艦で、主推進機には海自初の旋回式推進装置を採用。船体構造を商船仕様にしたことで、建造コストの削減に成功した。海潮流や塩分濃度の観測をはじめ、精密海底地形調査能力を備えたことで、海洋環境データの収集能力が強化されている。

会員限定記事会員サービス詳細