川崎中1殺害

被告人質問2日目詳報(3) 瀕死の上村さんは蹴られて川に転がされた 「息をしている」仲間の声にも被告は「怖くてその場から離れた」

 検察官「君が切っているときはどうだった?」

 被告「少し苦しそうにとか、顔を痛そうにしていました?」

 検察官「(上村さんは)何か話したりしたか?」

 被告「覚えてないです。色んなことを考えたりしてたからだと思います。(上村さんは)『うっ』とかは言ってたけど、あんまり言葉は発してなかったと思います」

 検察官「謝ったり抵抗したりというのは?」

 被告「なかったです。痛そうにはしてたんですけど、嫌がったり抵抗したりはなかったです」

 《検察官の質問は被告が最後に上村さんを切りつけたときに移る。検察官は被告が以前、少年審判などで「深く切れたという感触があった」「ずしんとした」と話していることに触れ、状況を確認していく》

 検察官「今までとは(感触は)違った?」

 被告「違かったです」

 検察官「Bの供述調書では(上村さんが)『あ!』と大きな声を上げたとあるけど、その記憶は?」

 被告「(上村さんは)もう動かなかったから、多分言ってないと思います」

会員限定記事会員サービス詳細