解答乱麻

義務教育のあり方再考したい ジャーナリスト・細川珠生

 一方で、中高一貫教育という形態も定着をしており、義務教育を18歳まで引き上げるという考えもある。

 大事なことは、義務教育の最終目標を、どのような人間像に置くのか、一刻も早く議論することである。子供の成長は本当に早い。今の子供たちには間に合わなかったということがないようにしてもらいたい。

【プロフィル】細川珠生 ほそかわ・たまお 元東京都品川区教育委員。ラジオや雑誌でも活躍。父親は政治評論家の故細川隆一郎氏。千葉工業大理事。